生コラーゲンとは?コラーゲンとの違いをシンプルに解説

生コラーゲンとは?コラーゲンとの違いをシンプルに解説

最近よく聞くようになった生コラーゲンとは何なのでしょうか?通常のコラーゲンとどう違うの?このページで分かりやすくシンプルに解説します。

近年、美容業界で高い注目を集めている生コラーゲンは、アンチエイジングに絶大な効果を発揮する成分なんです。

もし、あなたが年齢肌を気にしているなら、生コラーゲンを知らないと損することになるかもしれません。増え続けるシワやシミの対策をしないと、肌の状態はさらに悪化していきます。

 

  • 見た目よりも年をとって見られた
  • 自分の子供の友達に「○○ちゃんのお母さん」ではなく、「おばちゃん」と言われるようになってしまった

 

もしも、このような悩みを抱えているなら、生コラーゲンをスキンケアに取り入れるのが効果的です。その理由を詳しく説明していきます。
それでは、生コラーゲンとはどのようなものなのか見てみましょう。

 

生コラーゲンとコラーゲンの違い

生コラーゲンとコラーゲンの違い生コラーゲンとコラーゲンは何が違っているのでしょうか。まずこの2つが決定的に違っていることは、加熱処理をしているか、していないかという違いです。

  • 生コラーゲン=熱処理をしていない
  • コラーゲン=熱処理をしている

熱処理をすることによって、コラーゲンはその構造が変わるという特徴があります。
では、なぜ熱処理をするかというと、それは構造の変化によってコラーゲンを肌に浸透しやすくするためなんです。

熱処理をしていない生コラーゲンは構造が大きいため、肌内部へ浸透しにくい構造です。そこで熱処理をして肌に浸透しやすくしたのが、わたしたちに馴染みの深い通常のコラーゲンなんです。

そんなコラーゲンの違いを理解するには、どんな種類があるかを知ることが近道といえます。その種類はこちらです。

「生コラーゲン」「ゼラチンコラーゲン」「加水分解コラーゲン」という3種類があります。まずは、それぞれの状態による違いを見てみましょう。

 

  • 生コラーゲン
    生コラーゲンの構造加熱処理されていない
    三重らせん構造でたんぱく質分子がまとまった状態

 

  • ゼラチンコラーゲン
    ゼラチンコラーゲンの構造加熱処理されている
    三重らせん構造が壊れタンパク質分子が1本ずつになった状態

 

  • 加水分解コラーゲン
    加水分解コラーゲンの構造ゼラチンコラーゲンから1本のタンパク質分子をさらに小さく分解した状態

 

画像参照:エステサロン【美u・p-shop】

肌への浸透力が一番いいのは加水分解コラーゲンで、以下、ゼラチンコラーゲン、生コラーゲンという順番になります。しかし、肌が持つ本来のコラーゲン構造は生コラーゲンと同じですので、浸透が悪くても、肌にいいのは生コラーゲンということになります。

 

それでは次に、そんな肌にとっていいと言われている生コラーゲンにはどのような特徴があるのか、メリット・デメリットという形で見ていきましょう。

 

生コラーゲンの特徴

 

メリット

  • 保水力が高い
    (ゼラチンコラーゲンの300倍、
    加水分解コラーゲンの600倍)
  • コラーゲン構造が皮膚と同じ三重らせん構造

 

デメリット

  • 分子が大きく肌に吸収されにくい
  • 熱に弱い

 

ゼラチンコラーゲンは生コラーゲンのデメリットである肌に吸収されないという部分を補うために加熱処理して分子レベルを小さくし、肌に吸収されやすくしたものです。さらにそこから浸透力を良くするために、ゼラチンコラーゲンを水に溶けやすくしたのものが加水分解コラーゲンです。

生コラーゲンは皮膚のコラーゲンと同じ構造を持ち、保水力がいちばん高いのですが、肌内部への浸透力はいちばん低いという特徴があるのです。

では、保水力が高いと肌にどのような効果があるのでしょうか。次の項目で見ていきましょう。

 

生コラーゲンはアンチエイジングに効果的

 

保水力がどのコラーゲンよりも高い生コラーゲン。では保水力が高いと肌にとってどのような効果があるのでしょうか。
どれも素晴らしい効果しかなく、肌内部が保水・保湿される状態というのはとても良いことなんです。

たとえば以下のような効果があります。

  • ハリが出る
  • シワが目立たなくなる
  • 若返りのアンチエイジング効果
  • 保湿により紫外線ダメージを防ぎやすくなる
  • シミが出来にくい
  • ターンオーバーサイクルが整う
  • くすみが改善される
  • 肌が明るくなる

 

生コラーゲンが角質層まで浸透した場合、肌の保湿を整えてくれます。
そのためアンチエイジングにとっては良いことばかりなんです。

生コラーゲンは使い続けて行くことで、肌の角質層までも潤っていくというとてもありがたい特徴を持っています。

生コラーゲン化粧品は極端に少ない

生コラーゲン化粧品生コラーゲン配合化粧品はまだまだ開発が進んでおらず、製品としての数も少ないのが現状です。

アンチエイジングに最適な生コラーゲンですが、先程も紹介したように「肌に浸透しにくい」というマイナスの特徴がありますよね。そのため、多くの企業は生コラーゲンを加熱して、より肌に吸収しやすいように製品を作っていったのです。生コラーゲンを肌の内部まで浸透させる製品を作るには、高い技術が必要になるんです。

 

化学の進歩で製品開発が進み、最近では生コラーゲン配合の化粧品が少しずつ誕生してきています。では、開発が進む生コラーゲン配合化粧品は、ちゃんと肌の内部まで浸透してくれるのでしょうか。いちばん気になるのは生コラーゲンのデメリットの部分である「肌への浸透力のなさ」ですよね。

 

しっかりと肌の内部に生コラーゲンを届けてくれる技術力の高い化粧品があります。それがリポコラージュの「ラメラエッセンスC」という美容液です。

 

生コラーゲン化粧品を始めるならラメラエッセンスCから

ラメラエッセンス美容液は、生コラーゲンを23兆個(多すぎて、この数がいったいどれだけすごいのかピンときませんね・・・)も配合しています。

エステサロンをはじめとした美容のエキスパート達が「エイジングケアに実感あり」とアンケートで回答するほど、ラメラエッセンスは注目を集めています。

人間の肌と似た成分のリン脂質をナノカプセルにして、ラメラナノカプセルというものを誕生させました。
そのラメラナノカプセルに生コラーゲンを巻き付けることで、肌の角質層まで浸透させることに成功しました。

画像参照:ラメラエッセンス公式サイト

 

肌へ浸透しにくいという生コラーゲンのデメリットを見事に改善したです。これは世界初!なんだとか。

保水力が高い生コラーゲンを実感するにはバシャバシャ化粧水をつける必要はなく、わずか数滴で十分なんです。価格は6,552円ですので、バシャバシャとはなかなかいけないですよね。1ヶ月の分量でこの値段なんで、かなり高いと思います。

ラメラエッセンス美容液は、まだまだ世の中に広く浸透していません。角質層にはすぐに浸透するのに。
そのため、お試しのトライアルセットというものが存在しています。

こちらの価格は1,000円となっています。

 お試しトライアルセットの内容はこちら

 

 

 

 

生コラーゲンの成分カテゴリの最新記事